澳门百乐门

災害調査報告
Disaster Reports

防災研究所では、突発災害時に調査を行っています。災害名をクリックすると調査報告がご覧になれます。

  • 台風19号による群馬県富岡市の斜面崩壊の調査結果[地盤災害研究部門 千木良雅弘]
  • 台風19号による宮城県丸森町山地災害 調査結果[地盤災害研究部門 千木良雅弘ほか]
  • 台風19号による相模原市緑区牧野 の斜面崩壊について[地盤災害研究部門 千木良雅弘ほか]
  • 一覧に戻る

    2019年7⽉18⽇京都アニメーション第1スタジオ放⽕⽕災

    概要

    2019年7月18日に京都アニメーション第一スタジオで発生した放火火災により、建物が全焼し多数の死傷者が発生しました。京都大学防災研究所は情報収集と現地確認を行うとともに建物内部の煙流動解析を実施して火災の分析を行っています。

    なお、分析にあたっては、日本建築学会近畿支部防災計画部会の委員の方々から、各種情報の解釈や煙流動解析の入力データ作成に関して助言を頂きました。

     

    本火災によりお亡くなりになられた⽅々に哀悼の意を表し、御遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。また、負傷された皆様の御回復をお祈りいたします。

    一覧に戻る

  • 2019年山形沖の地震の被害調査報告
  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

    2018年北海道胆振東部地震

    概要

    2018年9月6日3時7分に、北海道胆振地方中東部を震源として発生した地震。地震の規模はMj 6.7、震源の深さは37 km。最大震度は震度7。死傷者および建物損壊に加えて、土砂崩れ、液状化現象、大規模停電などの被害を引き起こしました。

    一覧に戻る

    一覧に戻る

    2018年7月豪雨

    概要

    澳门百乐门2018年6月28日から7月8日にかけて、台風第7号及び前線の影響により、日本付近に暖かく非常に湿った空気が供給され続け、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となりました。この豪雨により、河川の氾濫、浸水害、土砂災害等が発生し、死者、行方不明者が多数となる甚大な災害となり、全国各地で断水や電話の不通等ライフラインに被害が発生したほか、鉄道の運休等の交通障害が発生しました。

    神戸市灘区篠原台の住宅地の土石流
    神戸市灘区篠原台の住宅地の土石流

    一覧に戻る

    一覧に戻る

  • 一覧に戻る

    一覧に戻る

    一覧に戻る

    2018年新燃岳噴火

    概要

    2018年3月1日、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳が噴火しました。地震予知研究センターの宮崎観測所が管理する鹿児島県湧水町に設置された伊佐観測坑道の伸縮計(新燃岳から北西に約18km)において、2018年3月1日より始まった噴火に関連したひずみ変化が観測されています。

    一覧に戻る

    2017年7月九州北部豪雨

    概要

    2017年7 月 5 日から 6 日にかけて、対馬海峡付近に停滞した梅雨前線に向かって暖かく非常に湿った空気が流れ込んだ影響等により、線状降水帯が形成・維持され、同じ場所に猛烈な雨を継続して降らせたことから、九州北部地方で記録的な大雨となりました。
    九州北部地方では、7 月 5 日から 6 日までの総降水量が多いところで 500 ミリを超え、7月の月降水量平年値を超える大雨となったところがありました。また、福岡県朝倉市や大分県日田市等で 24 時間降水量の値が観測史上1位の値を更新するなど、これまでの観測記録を更新する大雨となりました。

    この大雨に伴い、孤立状態、河川の氾濫、土砂崩れ、住宅被害などが発生しました。

    一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

    一覧に戻る

    一覧に戻る

  • 一覧に戻る

    2015年ネパールゴルカ地震

    概要

    2015年4月25日11時56分頃(現地時刻)、ネパール中央部で発生したゴルカ地震により、多数の建物が倒壊し多くの被害が発生しました。

    一覧に戻る

    2015年関東・東北水害 鬼怒川氾濫

    概要

    2015年9月9日10時過ぎに愛知県知多半島に上陸した台風18号と、その後の温帯低気圧の影響で、関東地方と東北地方を中心に断続的に記録的大雨が降りました。
    鬼怒川上流域の日光市今市地点では9月7日から10日までの総雨量が647mmに達し、9月10 日午前6 時過ぎに鬼怒川左岸25.35k付近(茨城県常総市若宮戸)で越水が発生、同日12時50分に鬼怒川左岸21k付近(茨城県常総市三坂町)で堤防が決壊しました。その結果、鬼怒川と小貝川に囲まれた常総市の約40km2の範囲で大規模な浸水被害が発生しました。

    一覧に戻る

  • 災害から学ぶ -2015年3月バヌアツ共和国を襲ったサイクロンパム-(西嶋一欽)
  • 一覧に戻る

    一覧に戻る

  • 2014年長野県北部の地震とその被害調査(後藤浩之・土井一生)
  • 一覧に戻る

  • 2014年広島災害における表層崩壊の発生メカニズムと降雨値(松四雄騎・渡壁卓磨・呉青穎・平田康人・千木良雅弘)
  • 2014年8月に広島で発生した土石流の流動・氾濫特性(竹林洋史・藤田正治・江頭進治)
  • 一覧に戻る

  • 2014 年 7 月長野県南木曽土石流災害調査速報 【流域災害研究センター流砂災害研究領域 竹林洋史(調査者)・藤田正治・宮田秀介】
  • 一覧に戻る

    一覧に戻る

  • 台風Haiyanによるフィリピンヴィサヤ諸島の高潮災害(安田誠宏)
  • 一覧に戻る

    2013年 台風18号豪雨災害

    概要

    澳门百乐门2013年9月13日3時に小笠原所長近海で発生した台風18号は、発達しながら日本の南海上を北上し、14日~16日にかけて全国に豪雨をもたらしました。

    一覧に戻る

    2012年5月に北関東で発生した竜巻被害

    概要

    2012年5月6日正午頃、北関東の広い範囲で複数の竜巻が発生し、茨城県、栃木県、福島県を含む広範囲にわたり、甚大な被害をもたらしました。

    一覧に戻る

    2013年10月16 日 伊豆大島土砂災害現地踏査速報

    概要

    台風第26号の影響で大雨が降っていた東京都伊豆大島で、10月16日未明から早朝にかけて、広い範囲で川が氾濫したほか、大規模な土砂崩れが起きました。

    崩壊発生斜面
    崩壊発生斜面

    一覧に戻る

    2012年8月14日 近畿豪雨

    概要

    2012年8月14日未明、近畿地方を襲った記録的豪雨により、被害が発生しています。  

    弥陀次郎川の破堤箇所
    弥陀次郎川の破堤箇所

    一覧に戻る

    2012年 桜島南岳爆発

    概要

     2012年7月24日の19時15分に桜島の南岳が爆発し,桜島島内および鹿児島市で多量 の降灰がありました。 

    一覧に戻る

    一覧に戻る

    2011年タイ北部水害

    概要

      タイ北部を中心に長期間降り続いた雨により,2011年9月頃から発生した河川氾濫および土砂災害は,人命、家屋、道路等に甚大な被害を与えています。  

    冠水している道路
    冠水している道路

    一覧に戻る

  • 台風12号による紀伊半島における斜面災害の調査報告(速報):地盤災害研究部門 【地盤災害研究部門 傾斜地保全・山地災害環境研究分野】
  • 台風12号による土砂災害および天然ダム 【斜面災害研究センター 王功輝】
  • 2011 年9 月紀伊半島豪雨災害調査速報 【流域災害研究センター:流砂災害研究領域・流域圏観測研究領域 竹林洋史(調査実施者)・藤田正治・宮田秀介・堤大三】
  • 1889年8月豪雨による十津川災害の再検討―とくに大規模崩壊の地質構造規制について―(参考文献:年報第 27号)
  • 2011年台風12号による深層崩壊( 千木良雅弘・松四雄騎・ツォウチンイン・平石成美・松澤真・松浦純生)
  • 一覧に戻る

  • 2011 年長野県北部地震による斜面災害の調査報告(速報)(2011年3月12日に発生した長野県北部地震M6.7) 【地盤災害研究部門 山地災害環境・傾斜地保全研究分野】
  • 一覧に戻る

    2011年3月11日 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)

    概要

     2011年3月11日14時46分,三陸沖でM9.0 (気象庁再解析,3月13日)の地震が発生しました。震源は岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200キロメートルの広範囲全てが震源域で、最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7、その他、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測しました。この地震により、巨大な津波が発生し、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害が発生しました。

    岩沼市玉浦の被害(津波によって流されたタンク)
    岩沼市玉浦の被害(津波によって流されたタンク)

    一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 2010 年10 月奄美大島豪雨災害調査速報 【流域災害研究センター 竹林洋史】
  • 一覧に戻る

    2010年7月16日 広島県庄原市土砂災害

    概要

     2010年7月16日夕刻に広島県・庄原市において3時間に173ミリが降る集中豪雨が発生し、南北約4km、東西約3kmの狭い範囲の山地で200カ所を越える、極めて多数の崩壊が発生、多くは土石流化し、篠堂川の支流の谷の出口の家屋で1名が犠牲になりました。

    先 大戸地区の被害状況
    先 大戸地区の被害状況

    一覧に戻る

  • 火山噴煙による航空機の被災と航空機の安全確保に関する国際的取り組みについて 【火山活動研究センター 石原和弘】
  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る

  • 一覧に戻る